当サロンではクレジットカードがご利用いただけます。

体がだるい!重い!梅雨の不調をスッキリ

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

 

昨日は久しぶりに晴れて洗濯物がよく乾きました!

梅雨に入ってからは雨の日が続き、

体にも影響が出てしまいますよね。

 

今回は梅雨独特の体の変化について

東洋医学の目線からお伝えさせていただきます。

 

 

まず、

東洋医学の考え方として

自然界で起きていることは

体の中にも影響する

というものがあります。

 

外部の環境が

湿気たっぷりだと

体の中でも余分な水分が

体の中で熱されて

水蒸気になり、

それが溜まり過ぎると水の塊

つまり雨となり

降り注いで下の方に溜まる

そんな連鎖反応が起こってしまいます。

 

湿気たっぷりな気候によって

体に悪影響を起こしてしまう

その原因を

湿邪

と言います。

 

湿邪は体の中で

こんなことを引き起こします。

 

◻︎だるい。とにかくだるい。何もしたくない。

◻︎とにかくむくむ。足も顔も。むくんでいないところを探す方が早い

◻︎肌はベッタベタ。かゆかったりもする

◻︎わけもなくずっと気持ち悪い

◻︎うつうつする

◻︎頭の重さがいつもの2倍以上に感じる

◻︎頭だけじゃなく体も2倍以上重い

◻︎考え事がまとまらない。今日の晩御飯のことを考えていたのにいつのまにかテレビ見てる

◻︎やる気?なにそれ。やる気スイッチすら錆びついて動かない

 

この項目に3つ以上心当たりのある人は

湿邪に体を脅かされています。

 

 

なので早めの対策をお勧めします。

方法としては

 

下の方に溜まってしまった湿邪を

外から温めて軽くした上で

体の外へ排泄させ

新しいきれいな水を体の中に入れ循環させる

 

ようにするといいと思います。

 

 

具体的には

・お風呂で半身浴をする

・夏が旬の野菜を加熱して食べる

・香味野菜を食べる

・飲み物は冷たくしないで常温か温めたものを飲む

などがあります。

 

体の中の水分の

排泄と補給のバランスを

整えていくことで

むくみにくい、悪いものはすっきり出せる

体になります。

できることからコツコツと工夫できたらいいですね。

 

 

もちろんアキュレの漢方アロマでもむくみにくい体づくりをサポートできます!

 

お気軽にご相談くださいね。

 

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

肌タイプ別!美肌への道を極める

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

7月に入りましたが、例年よりもまだ暑くないですね。

夜は雨が降ると少し肌寒いくらいです。

こういったとき風邪など体調も崩しやすいので

気をつけていきたいところです。

 

 

さて、前回は自分の肌質を知ろうということで

そのチェック方法についてお伝えさせて頂きました。

皆さま、チェックしてみましたか?

 

私も改めてチェックしてみて、

自分の肌質が思っていたものと違い

ケアの方法を見直すきっかけになりました。

 

 

今回は自分の肌質に合った

お肌の接し方についてお話しさせていただこうと思います。

 

 

1、普通肌の人

肌の水分と皮脂のバランスが整っているこの肌質の方は

他の肌質の方と比べると肌トラブルも起こりにくいと言えます。

しかし、この季節の気候の変化についていけなかったり

体調の変化次第でバランスを崩してしまうこともあるので

油断は禁物です。

現状を維持できるよう今のままのケアをしつつ、

もしバランスを崩しきる前に気づけるよう観察しながら

何かあったときは早めにトラブルの芽を潰していきましょう。

 

クレンジング・洗顔は今使われているもので大丈夫だと思います。

 

 

2、乾燥肌の人

肌の水分も皮脂も少ないため、

表皮の一番外の層である角質層が剥がれやすく

皮膚が薄くなりがちです。

そうなると外部刺激から皮膚を守る作用も低下してしまうため、

カサカサから炎症が起こり肌が荒れてしまいます。

ですので使うスキンケア用品も刺激が少なく

保湿力の高いものを選ばれると良いと思います。

 

クレンジングならミルクタイプ、クリームタイプ

洗顔はピーリング効果や皮脂を取りすぎてしまう効果のあるものは

避けて、フワフワの泡でこすらず洗い上げてください。

 

そして、洗浄後できるだけすぐ保湿のための行動を起こして

皮膚からの水分蒸発を予防していきましょう!

 

 

3、脂性肌の人

肌の水分量も皮脂量も多いため、

汚れが肌表面に残りやすい状況にあります。

その環境は肌を荒らす菌にとって

とても住み心地の良いところになります。

しっかり汚れを取るケアが必要ですが、

過剰に洗いすぎると、

乾燥してしまったから皮脂を出さないと!

と勘違いし、余計にテカってしまうことも‥

 

ですので皮脂を取りすぎず、取らなさすぎず丁寧な洗顔を行い、

保湿は少なめで、皮膚の水分量を補うようにケアしていきましょう。

 

クレンジングは落ちるからといってオイルタイプは使わず

ジェルタイプなどのさっぱりと落としてしまえるものを

洗顔もさっぱり洗い上げるフォームタイプや固形石鹸が

おすすめです。

化粧水もベタベタするものは選ばず

適度に保湿したり、毛穴を小さくする収斂効果ノアる化粧水が

てきしていると思います。

 

 

4、混合肌の人

肌の部分によって肌質が異なるタイプは

使うものを選ぶのと同時に使い方に変化を持たせるのも大切です。

例えば洗顔の際、

肌質チェックでベタつく部分に先に泡を乗せ洗い

カサカサしたりつっぱったりする部分は最後に泡を乗せ、

短めに洗浄したりと

時間差を作ると良いと思います。

 

ベタベタする部分には肌の水分を逃さないように

蓋をするタイプの保湿は少なめに

と言った部分ケアも大切だと思います。

 

また、ベタベタする脂性肌に見せかけて、

実は奥に乾燥肌が潜んでいることもあります。

 

しっかり肌の水分量を増やすように

化粧水を多めにつけてあげましょう。

 

 

肌の手入れはそのタイプによって千差万別です。

 

しっかり見極めて、対処していくことで

美肌への道が切り開かれるのかもしれません。

 

自分の肌タイプが何なのか、

今のケアが肌質に合っているのか不安な方は

ぜひアキュレへお越しください。

 

皆様の肌質に合ったコースを提案し

一緒に美肌への道を歩んでいきましょう!!

 

 

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

自分は何肌?

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

 

全然梅雨入りしないと言っていた先週から

ついに今週待望の梅雨入りしましたね!

遅れてきた分、なんとなくだるさもいつもより強く感じます。

加えて肌もペタペタ、化粧崩れも激しくなってきたような‥

いつもと違う肌質にトラブルでも起きたかなと焦る時期ですよね。

 

 

そんなわけで今回は

自分の肌質を知ろう!

ということで、

その見分け方についてお伝えしていきます。

 

まず、簡単なチェックを致しましょう。

 

いつものように洗顔をしていただいて、

そのあと化粧水などを一切つけないで

10分間放置してください。

10分たったら、お顔を触って

肌の質感をチェックしてみましょう!

 

ベタベタしますか?

さらっとしてますか?

カサカサしてますか?

部分によって質感が違いますか?

お顔全部触って確認してみましょう。

 

ところで肌質ですが、

何で決まるかご存知ですか?

 

それは

皮膚表面の

水分量×皮脂量

が深く関わっているんです。

 

それによって分類すると

普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌

となります。

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

1、普通肌

肌表面の水分量が多く、皮脂量が少なく

バランスが取れて肌トラブルも起こりにくい肌質です。

質感としてはしっとりしているけれど、

ベタベタはしない、理想の肌質と言えます。

しかし今は良くても体調や季節の変化で

水分量と皮脂量のバランスが

崩れてしまうこともあるので要注意です。

 

 

2、乾燥肌

肌表面の水分量も皮脂量も少ない肌質です。これらが少ないと表皮の一番外側の角質層が剥がれ落ちやすくなり、未熟な肌細胞が露出してターンオーバーが乱れてしまったり、痒みや赤みが出てしまうこともあります。

質感としてはカサカサして、肌がつっぱる感じがします。

 

 

3、脂性肌

肌表面の水分量も皮脂量も多く、しっとりした質感の肌です。

しかしそのしっとりは油っぽい感じで、触ると手に皮脂がついてテカテカすることもあります。

皮脂が多いとニキビの原因になるアクネ菌が育ちやすくなる環境になってしまいます。

ニキビの温床になりやすい肌質です。

 

 

4、混合肌

お顔の部分によって水分量と皮脂量のバランスが異なる肌です。

部分によって肌質が異なるので

普通肌×脂性肌

普通肌×乾燥肌

脂性肌×乾燥肌

とどの組み合わせでも混合肌ということになります。

部分的にはベタベタしている、カサカサしていると質感も部分により異なります。

 

 

次回はこれらの肌質の対処方法についてお伝えしますね。

 

皆様も一度チェックして

自分の肌質を感じてみましょう!

 

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

泡の力!!汚れを落とす最後の砦

みなさまこんにちは。

 

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

梅が熟す時期に降る雨という由来の梅雨ですが、

梅が熟しても関西には一向に梅雨が訪れませんね。

雨自体は降るけれど、なんとなく勢いが足りない印象です。

雨の準備はできているのに振らないのは

なんとなく違和感があります。

 

 

そんなわけでここ数回に分けてお伝えしていた洗浄シリーズ、

最後は洗顔の方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

洗顔料は泡立てて使うことが多いと思います。

でもなんで泡を立てる必要があるかご存知でしょうか?

 

理由は4

 

①洗顔料の効果をムラなく広げるため

皮膚は一見するとつるっと一枚に見えますが

よく見ると細かいキメが存在します。

そのキメの溝の中に入り込んだ汚れは

泡の粒が大きいと入り込みません。

細かい泡をムラなく広げキメの溝まで

しっかり洗浄剤を届かせ洗うため、

しっかり細かい泡を立てる必要があります。

泡の目安は逆さまにして泡が垂れないくらいの硬さで、

一見して泡の粒が見えないくらいが理想です。

洗顔ネットなどの道具を使い、

少しずつ水分を追加しながら細かな泡を作りましょう。

 

 

②クッション効果で皮膚と擦れることを防ぐため

細かな泡は弾力があります。

それを利用して、指の腹が直接肌につかないくらい

フワフワ、クルクルと洗うのが理想です。

でもついつい黒く色素沈着しているところや

毛穴が気になるところって

ゴシゴシこすりたくなるのが人の心理というもの‥

ちょっと待って!!

それは摩擦によって

黒ずみの原因になるメラニンの生成が促進してしまいます。

やめましょう。

 

 

③表皮の角質層を守りつつ、皮脂を必要なだけ残すため

泡の立て方が弱いと

洗顔料の量を追加したくなりますよね。

多くしてしまうと洗浄成分の濃度も高くなり

必要以上に皮脂を取ってしまうものになってしまいます。

できれば洗顔料のコスパも良くしたいので

追い洗顔料をすることなく

最初から適正な量で泡を立てて

肌の負担にならないような濃度で洗うように致しましょう。

 

 

④すすぎを早くするため

洗顔料には水と油をなじませ、汚れを流すために

界面活性剤が使用されています。

これはものによっては肌に刺激となる場合があるので

洗浄後には速やかに落としてしまう必要があります。

粒子の細かな泡は流す際、すっと流れていってくれます。

 

 

 

洗い方にもコツがあります。

基本は皮脂の多いところから泡を乗せて洗うのがオススメです。

人の顔は額や鼻、顎は皮脂が出やすく

頬骨の上や目の周囲、口周囲は皮脂が出にくくなっています。

 

泡はのせておく時間が長いほど、

洗浄成分が発揮されるとともに

肌の刺激になりやすいです。

なので皮脂の多いところから順に洗っていきましょう。

洗う水の温度や流し方はクレンジングと同様です。

流し残しがないようにしっかりすすぎましょう。

 

 

肌の美しい人は

洗顔がお上手な方が多いと思います

丁寧かつ素早く1日の汚れをすっきり落とし

肌美人習慣をつけていきましょう。

 

 

アキュレでも美容鍼のコースでは

クレンジングと洗顔に力を入れています(物理的な意味ではなく)

洗浄の大切さをもっと知りたいという方は

ぜひアキュレにお越しください。

あなたにあった洗浄方法のアドバイスをさせていただきますよ。

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

すっきりさっぱり落としましょう!

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

日中暑く、日が落ちれば涼しく、1日の寒暖差が大きくて

体の負担になっていませんか?

そんなときは汗をかくとすっきりするそうですよ。

でも、汗をかいたらお顔もベタベタしてしまいますよね。

 

 

そんなわけで今回は洗浄シリーズ、

洗顔料の種類ついてお伝えしようと思います。

 

 

1、フォームタイプ

最も一般的な洗顔料でクリーム状のものを指します

 

長所

種類が多くてさっぱりタイプやしっとりタイプなど肌に合ったものを選択できます。

 

短所

界面活性剤が多く含まれているので、

しっかり泡だてないと効果が出にくく、肌に負担となります

 

 

2、泡タイプ

ポンプを押したり、スプレーを押すだけで泡が出てくるタイプです。

 

長所

泡立てる手間いらずできめの細かいもっちり泡が出てくるので時短になります。

 

短所

泡を維持するために、強い界面活性剤が含まれているものもあるので肌の敏感な方は成分に注意してください。

 

 

3、ジェルタイプ

水分の多いジェル状の洗浄剤です。

 

長所

油分が少ないので、洗い上がりがさっぱりします。

 

短所

ジェル特有の滑りが保湿されていると勘違いしてしまうことも‥

意外と洗浄力が強めなものも多いので気をつける必要があります。

 

 

4、パウダータイプ

水分を含まない粉状の洗浄剤です。

水に触れることで酵素などの成分が活性化されて効果を発揮します。

 

長所

酵素の力で肌の表面をツルツルにしたり、肌を柔らかくする効果もあります。

 

短所

泡立てるのに少しコツが必要です。

昔私が使ていたとき慣れないうちは洗浄剤が団子のようになってしまったことがありました。

また酵素がピーリング効果を含むものもありその場合は肌に対して刺激や負担になってしまうかもしれません。

 

 

5、固形石鹸タイプ

脂肪酸と油脂で作られている固形の洗浄剤です。

 

長所

界面活性剤を含まないものも多いので肌を優しいです。

グリセリンを含むものはしっかり洗い上げるのに、肌に必要な油分は残るのでつっぱらずしっとり感が残ります。

 

短所

人間の肌は弱酸性ですが、石鹸は弱アルカリ性です。

そのアルカリに反応してしまって、肌が荒れてしまう人もいます。

 

 

6、スクラブタイプ

洗顔料の中に細かい粒子を混ぜ込んだものです。

 

長所

細かい粒子が古い肌細胞である角質や毛穴に溜まった汚れをすっきり削ってくれるので、使用後肌がツルツルになります。

 

短所

粒子でごっそり汚れを搦めとるため、肌へのダメージも強いです。

毎日使うのではなく、一週間に1度のスペシャルケアとして取り入れられることをお勧めします。

 

 

クレンジングの時も感じましたが、

肌の状態にあったものを使って綺麗にすることはとても大切なことだと思います。

ただクレンジングと大きく違うのは

洗顔料は皮膚にとって不要なものは徹底除去、

必要なものは残しておくという点です。

 

 

クレンジングは

肌の上に乗っているどんな汚れを落としたいかで選ぶ。

 

洗顔料は

肌質と相談して、落としたい汚れと残しておきたいものを

見極めて選ぶ。

 

そうすると良いのかもしれません。

ご自身にあった「洗うもの」で美肌の土台づくりを致しましょう。

もちろんAcureでのスペシャルケアでも美肌の土台づくりのお手伝いをさせていただけますよ!

 

 

皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

カテゴリー

アーカイブ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031