当サロンではクレジットカードがご利用いただけます。

すっきりさっぱり落としましょう!

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

日中暑く、日が落ちれば涼しく、1日の寒暖差が大きくて

体の負担になっていませんか?

そんなときは汗をかくとすっきりするそうですよ。

でも、汗をかいたらお顔もベタベタしてしまいますよね。

 

 

そんなわけで今回は洗浄シリーズ、

洗顔料の種類ついてお伝えしようと思います。

 

 

1、フォームタイプ

最も一般的な洗顔料でクリーム状のものを指します

 

長所

種類が多くてさっぱりタイプやしっとりタイプなど肌に合ったものを選択できます。

 

短所

界面活性剤が多く含まれているので、

しっかり泡だてないと効果が出にくく、肌に負担となります

 

 

2、泡タイプ

ポンプを押したり、スプレーを押すだけで泡が出てくるタイプです。

 

長所

泡立てる手間いらずできめの細かいもっちり泡が出てくるので時短になります。

 

短所

泡を維持するために、強い界面活性剤が含まれているものもあるので肌の敏感な方は成分に注意してください。

 

 

3、ジェルタイプ

水分の多いジェル状の洗浄剤です。

 

長所

油分が少ないので、洗い上がりがさっぱりします。

 

短所

ジェル特有の滑りが保湿されていると勘違いしてしまうことも‥

意外と洗浄力が強めなものも多いので気をつける必要があります。

 

 

4、パウダータイプ

水分を含まない粉状の洗浄剤です。

水に触れることで酵素などの成分が活性化されて効果を発揮します。

 

長所

酵素の力で肌の表面をツルツルにしたり、肌を柔らかくする効果もあります。

 

短所

泡立てるのに少しコツが必要です。

昔私が使ていたとき慣れないうちは洗浄剤が団子のようになってしまったことがありました。

また酵素がピーリング効果を含むものもありその場合は肌に対して刺激や負担になってしまうかもしれません。

 

 

5、固形石鹸タイプ

脂肪酸と油脂で作られている固形の洗浄剤です。

 

長所

界面活性剤を含まないものも多いので肌を優しいです。

グリセリンを含むものはしっかり洗い上げるのに、肌に必要な油分は残るのでつっぱらずしっとり感が残ります。

 

短所

人間の肌は弱酸性ですが、石鹸は弱アルカリ性です。

そのアルカリに反応してしまって、肌が荒れてしまう人もいます。

 

 

6、スクラブタイプ

洗顔料の中に細かい粒子を混ぜ込んだものです。

 

長所

細かい粒子が古い肌細胞である角質や毛穴に溜まった汚れをすっきり削ってくれるので、使用後肌がツルツルになります。

 

短所

粒子でごっそり汚れを搦めとるため、肌へのダメージも強いです。

毎日使うのではなく、一週間に1度のスペシャルケアとして取り入れられることをお勧めします。

 

 

クレンジングの時も感じましたが、

肌の状態にあったものを使って綺麗にすることはとても大切なことだと思います。

ただクレンジングと大きく違うのは

洗顔料は皮膚にとって不要なものは徹底除去、

必要なものは残しておくという点です。

 

 

クレンジングは

肌の上に乗っているどんな汚れを落としたいかで選ぶ。

 

洗顔料は

肌質と相談して、落としたい汚れと残しておきたいものを

見極めて選ぶ。

 

そうすると良いのかもしれません。

ご自身にあった「洗うもの」で美肌の土台づくりを致しましょう。

もちろんAcureでのスペシャルケアでも美肌の土台づくりのお手伝いをさせていただけますよ!

 

 

皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

カテゴリー

アーカイブ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930