当サロンではクレジットカードがご利用いただけます。

泡の力!!汚れを落とす最後の砦

みなさまこんにちは。

 

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

梅が熟す時期に降る雨という由来の梅雨ですが、

梅が熟しても関西には一向に梅雨が訪れませんね。

雨自体は降るけれど、なんとなく勢いが足りない印象です。

雨の準備はできているのに振らないのは

なんとなく違和感があります。

 

 

そんなわけでここ数回に分けてお伝えしていた洗浄シリーズ、

最後は洗顔の方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

洗顔料は泡立てて使うことが多いと思います。

でもなんで泡を立てる必要があるかご存知でしょうか?

 

理由は4

 

①洗顔料の効果をムラなく広げるため

皮膚は一見するとつるっと一枚に見えますが

よく見ると細かいキメが存在します。

そのキメの溝の中に入り込んだ汚れは

泡の粒が大きいと入り込みません。

細かい泡をムラなく広げキメの溝まで

しっかり洗浄剤を届かせ洗うため、

しっかり細かい泡を立てる必要があります。

泡の目安は逆さまにして泡が垂れないくらいの硬さで、

一見して泡の粒が見えないくらいが理想です。

洗顔ネットなどの道具を使い、

少しずつ水分を追加しながら細かな泡を作りましょう。

 

 

②クッション効果で皮膚と擦れることを防ぐため

細かな泡は弾力があります。

それを利用して、指の腹が直接肌につかないくらい

フワフワ、クルクルと洗うのが理想です。

でもついつい黒く色素沈着しているところや

毛穴が気になるところって

ゴシゴシこすりたくなるのが人の心理というもの‥

ちょっと待って!!

それは摩擦によって

黒ずみの原因になるメラニンの生成が促進してしまいます。

やめましょう。

 

 

③表皮の角質層を守りつつ、皮脂を必要なだけ残すため

泡の立て方が弱いと

洗顔料の量を追加したくなりますよね。

多くしてしまうと洗浄成分の濃度も高くなり

必要以上に皮脂を取ってしまうものになってしまいます。

できれば洗顔料のコスパも良くしたいので

追い洗顔料をすることなく

最初から適正な量で泡を立てて

肌の負担にならないような濃度で洗うように致しましょう。

 

 

④すすぎを早くするため

洗顔料には水と油をなじませ、汚れを流すために

界面活性剤が使用されています。

これはものによっては肌に刺激となる場合があるので

洗浄後には速やかに落としてしまう必要があります。

粒子の細かな泡は流す際、すっと流れていってくれます。

 

 

 

洗い方にもコツがあります。

基本は皮脂の多いところから泡を乗せて洗うのがオススメです。

人の顔は額や鼻、顎は皮脂が出やすく

頬骨の上や目の周囲、口周囲は皮脂が出にくくなっています。

 

泡はのせておく時間が長いほど、

洗浄成分が発揮されるとともに

肌の刺激になりやすいです。

なので皮脂の多いところから順に洗っていきましょう。

洗う水の温度や流し方はクレンジングと同様です。

流し残しがないようにしっかりすすぎましょう。

 

 

肌の美しい人は

洗顔がお上手な方が多いと思います

丁寧かつ素早く1日の汚れをすっきり落とし

肌美人習慣をつけていきましょう。

 

 

アキュレでも美容鍼のコースでは

クレンジングと洗顔に力を入れています(物理的な意味ではなく)

洗浄の大切さをもっと知りたいという方は

ぜひアキュレにお越しください。

あなたにあった洗浄方法のアドバイスをさせていただきますよ。

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

カテゴリー

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031