当サロンではクレジットカードがご利用いただけます。

肌タイプ別!美肌への道を極める

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

7月に入りましたが、例年よりもまだ暑くないですね。

夜は雨が降ると少し肌寒いくらいです。

こういったとき風邪など体調も崩しやすいので

気をつけていきたいところです。

 

 

さて、前回は自分の肌質を知ろうということで

そのチェック方法についてお伝えさせて頂きました。

皆さま、チェックしてみましたか?

 

私も改めてチェックしてみて、

自分の肌質が思っていたものと違い

ケアの方法を見直すきっかけになりました。

 

 

今回は自分の肌質に合った

お肌の接し方についてお話しさせていただこうと思います。

 

 

1、普通肌の人

肌の水分と皮脂のバランスが整っているこの肌質の方は

他の肌質の方と比べると肌トラブルも起こりにくいと言えます。

しかし、この季節の気候の変化についていけなかったり

体調の変化次第でバランスを崩してしまうこともあるので

油断は禁物です。

現状を維持できるよう今のままのケアをしつつ、

もしバランスを崩しきる前に気づけるよう観察しながら

何かあったときは早めにトラブルの芽を潰していきましょう。

 

クレンジング・洗顔は今使われているもので大丈夫だと思います。

 

 

2、乾燥肌の人

肌の水分も皮脂も少ないため、

表皮の一番外の層である角質層が剥がれやすく

皮膚が薄くなりがちです。

そうなると外部刺激から皮膚を守る作用も低下してしまうため、

カサカサから炎症が起こり肌が荒れてしまいます。

ですので使うスキンケア用品も刺激が少なく

保湿力の高いものを選ばれると良いと思います。

 

クレンジングならミルクタイプ、クリームタイプ

洗顔はピーリング効果や皮脂を取りすぎてしまう効果のあるものは

避けて、フワフワの泡でこすらず洗い上げてください。

 

そして、洗浄後できるだけすぐ保湿のための行動を起こして

皮膚からの水分蒸発を予防していきましょう!

 

 

3、脂性肌の人

肌の水分量も皮脂量も多いため、

汚れが肌表面に残りやすい状況にあります。

その環境は肌を荒らす菌にとって

とても住み心地の良いところになります。

しっかり汚れを取るケアが必要ですが、

過剰に洗いすぎると、

乾燥してしまったから皮脂を出さないと!

と勘違いし、余計にテカってしまうことも‥

 

ですので皮脂を取りすぎず、取らなさすぎず丁寧な洗顔を行い、

保湿は少なめで、皮膚の水分量を補うようにケアしていきましょう。

 

クレンジングは落ちるからといってオイルタイプは使わず

ジェルタイプなどのさっぱりと落としてしまえるものを

洗顔もさっぱり洗い上げるフォームタイプや固形石鹸が

おすすめです。

化粧水もベタベタするものは選ばず

適度に保湿したり、毛穴を小さくする収斂効果ノアる化粧水が

てきしていると思います。

 

 

4、混合肌の人

肌の部分によって肌質が異なるタイプは

使うものを選ぶのと同時に使い方に変化を持たせるのも大切です。

例えば洗顔の際、

肌質チェックでベタつく部分に先に泡を乗せ洗い

カサカサしたりつっぱったりする部分は最後に泡を乗せ、

短めに洗浄したりと

時間差を作ると良いと思います。

 

ベタベタする部分には肌の水分を逃さないように

蓋をするタイプの保湿は少なめに

と言った部分ケアも大切だと思います。

 

また、ベタベタする脂性肌に見せかけて、

実は奥に乾燥肌が潜んでいることもあります。

 

しっかり肌の水分量を増やすように

化粧水を多めにつけてあげましょう。

 

 

肌の手入れはそのタイプによって千差万別です。

 

しっかり見極めて、対処していくことで

美肌への道が切り開かれるのかもしれません。

 

自分の肌タイプが何なのか、

今のケアが肌質に合っているのか不安な方は

ぜひアキュレへお越しください。

 

皆様の肌質に合ったコースを提案し

一緒に美肌への道を歩んでいきましょう!!

 

 

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

カテゴリー

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031