当サロンではクレジットカードがご利用いただけます。

暑さを乗り切る工夫

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

もう直ぐお盆ですね。

 

お盆近くは

暑さも凄まじいものがあります。

 

外に出る機会も多い方は

体の中に熱がこもってしまい

熱中症になるリスクがあります。

 

でも前回お話ししたように

身体を積極的に冷やすと

逆に冷え性になってしまうことも

 

 

そんな時は

食べ物の力を借りて

体の中の熱を発散していきましょう!

 

 

オススメの食べ物はスイカです!

 

夏を代表する果菜であるスイカ。

 

その実は90パーセント以上が

水分でできているので

身体を潤すことができます。

 

そのほかカリウムも含まれ

強い利尿作用で知られます。

 

中国医学の考え方でも

スイカは利尿作用が強く

尿を出すことで

体に溜まった余分な熱を出しつつ、

喉の渇きも潤せる食材

と重宝されています。

 

普段私たちがよく食べるのは

スイカの赤い身の部分ですが

実は白い皮の部分の方が

これらの効果が高いとされています。

 

そのままでは食べにくいので

お漬物にしたり

酢の物にしたり

工夫して食べると良いと思います。

 

 

ただ冷やす性質が強いので

元から身体が冷えやすい人

お腹が冷えやすい人

は食べ過ぎないようにしましょう。

 

むくみも取ってくれますが

体がだるくなりやすく、

冷えやすいタイプの人には

向きません。

 

 

体の中から夏の暑さを乗り切る対策をして

夏バテ知らずでいきたいものですね!

 

 

アキュレの漢方アロマでも

夏バテせず元気に夏を乗り切る体づくりを

お手伝いさせていただいています。

 

お気軽にご相談くださいね。

 

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

夏冷えとさよなら。

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

8月に入り、

暑さも本番になりましたね!

今年は梅雨時期が涼しかっただけに

この暑さはこたえます。

 

暑さに耐えようとする身体を

冷やそうとするあまり

体の冷えの症状が出てきていませんか?

 

そんな

夏の冷え性対策について

今回はお伝えしたいと思います。

 

 

食べ物の場合

喉ごしの良い冷たいものばかり摂っていませんか?

内臓の中から冷やしてしまうと

体温が下がり

代謝が悪くなってしまいます。

飲むもの、食べるものは出来るだけ

体温以上のものにいたしましょう。

 

それが難しいなら食事の前に

温かいお味噌汁やスープなど

汁物を食べて

内臓を温めてからお食事に入りましょう。

 

起きてから朝一番にお白湯を飲むのも

おススメです。

 

 

体を温めるといえば

お風呂ですよね。

 

お風呂も工夫次第でさらに温まる効果が現れます。

3940度のぬるいくらいの温度で

15分くらい湯船につかり、

5分くらい外で休憩して

また15分つかる

3回くらい繰り返すと

体の中からポカポカ温まりますよ!

 

もちろん水分補給はしっかりお願いします。

汗もたくさんかくので、

お肌もしっとり潤います。

 

 

最後に

服でできることだと

首元やお腹を出来るだけ

冷やさないようにすると良いです。

 

首元には体の熱を調整するツボがありますので

そこが冷えると体全体が冷えてしまいます。

 

お腹は内臓を守る部分なので

冷やすと内臓の働きに支障が出てしまい

体の中から冷えを起こしてしまうこともあります。

 

夏こそ通気性の良い腹巻が必要だと思います。

 

以上が簡単に出来る

夏の冷え性対策です。

 

自分のできることから少しずつ取り入れて、

冷え知らずの身体を手に入れていきましょう!

 

 

アキュレの漢方アロマでも

冷えにくい体づくりを

お手伝いさせていただいています。

お気軽にご相談くださいね。

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

夏でも身体は…

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

連日の晴れのお天気からうって変わって

今日は雨ですね!

雨が続くとしんどいですが、

久しぶりの雨だと少し嬉しい感じが

致します。

 

梅雨も明け、

これからは

暑ーい

季節になります。

 

暑いけれども

なぜか増える冷え性さんたち。

今日は体の中の冷えチェックを

いたしましょう。

 

 

◻︎体温が36.5度以下

◻︎何もしていないのに肩も腰もバキバキ

◻︎クマやくすみが目立つ

◻︎ズキズキ刺すような生理痛がある

◻︎寝られない。寝ても寝た気がしない

◻︎お風呂で湯船に浸からない

◻︎素足にサンダルで移動することが多い

◻︎ストレスが溜まっている

 

 

食べ物

◻︎体温よりも冷たいものをよく食べがち

◻︎飲み物は冷たくないと飲めない

◻︎食事の回数が少ない

◻︎休肝日なく毎日お酒を飲む

◻︎タバコを吸ってる

◻︎お風呂上がりにアイスを食べる習慣がある

◻︎気づいたら甘いものを食べている

◻︎パンや米、パスタなど炭水化物をよく食べる

 

 

以上です。

いかがでしょうか?

 

体と食べ物の項目で

3つ以上心当たりのある方は

体が冷えやすくなっている

可能性があります。

 

次回はその対処方法についてお伝えさせていただきますね。

 

 

アキュレの漢方アロマでも

冷えにくい体づくりを

お手伝いさせていただいています。

 

お気軽にご相談くださいね。

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

体の除湿、できてますか?

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

 

お祭りシーズンですね!

賑やかな街の雰囲気も好きですが

山車や神輿のいろんな装飾品も見られるので

日本の文化を再発見できますよね。

 

お祭りにくりだすにも

元気な体がなくては楽しめません。

湿気が気になって

お家の中でドライモードの中で涼んでいませんか?

除湿機に頼りきりではないですか?

 

環境の湿気は積極的に取るのに

体の中はどうでしょうか。

 

今回は体の中の湿気の対処法について

お伝えいたします。

 

まず、体の中の湿気は

東洋医学でいう

という臓腑がさばいています。

 

脾は土の性質を持つので、

土に水が染み込み

根から収集し全身にめぐらしています。

 

しかし、

多すぎる水は土で吸収しきれず、

泥になってしまったり

雑菌などの有害なものが

溜まりやすくなったりしますし、

根を腐らせて全身に巡る栄養・水分の

吸収が悪くなってしまいます。

 

なので、

体の中の多すぎる水=湿気を取るには

口から摂取する食べ物の力を借りましょう!

 

 

1.香りの良いもの

シソやミョウガ、パクチーなど

香りの良い香味野菜は

体の湿気を外に出してくれます。

どんよりしがちな気分もスッキリします。

 

 

2.あずき

あずきに限らず豆類も

水の代謝を良くしてくれます。

利尿作用もあるので、

悪い水をスッキリ追い出してくれますよ。

体にこもる熱も一緒に出す効果があるので

夏にはぴったりですね。

ただ、あんこで食べる場合は甘過ぎないもので、冷えていないものを選んでください。

 

もう一つ、

これを食べると体の中の湿気が溜まりやすい状態になります。

 

・生成した砂糖を使った甘すぎるもの

・脂肪分の多いもの

・キンキンに冷えたもの

・小麦

・乳製品

 

絶対に食べちゃダメ

とは言いませんが

嗜好品として食べるくらいの頻度で

留めておかれた方が

良いと思います。

 

 

体の中のから除湿して

知ってに負けない体づくりを

いたしましょう!

 

 

もちろんアキュレの漢方アロマでもむくみにくい体づくりをサポートできます!

お気軽にご相談くださいね。

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

体がだるい!重い!梅雨の不調をスッキリ

みなさまこんにちは。

オリエンタルビューティサロンAcureです。

 

 

昨日は久しぶりに晴れて洗濯物がよく乾きました!

梅雨に入ってからは雨の日が続き、

体にも影響が出てしまいますよね。

 

今回は梅雨独特の体の変化について

東洋医学の目線からお伝えさせていただきます。

 

 

まず、

東洋医学の考え方として

自然界で起きていることは

体の中にも影響する

というものがあります。

 

外部の環境が

湿気たっぷりだと

体の中でも余分な水分が

体の中で熱されて

水蒸気になり、

それが溜まり過ぎると水の塊

つまり雨となり

降り注いで下の方に溜まる

そんな連鎖反応が起こってしまいます。

 

湿気たっぷりな気候によって

体に悪影響を起こしてしまう

その原因を

湿邪

と言います。

 

湿邪は体の中で

こんなことを引き起こします。

 

◻︎だるい。とにかくだるい。何もしたくない。

◻︎とにかくむくむ。足も顔も。むくんでいないところを探す方が早い

◻︎肌はベッタベタ。かゆかったりもする

◻︎わけもなくずっと気持ち悪い

◻︎うつうつする

◻︎頭の重さがいつもの2倍以上に感じる

◻︎頭だけじゃなく体も2倍以上重い

◻︎考え事がまとまらない。今日の晩御飯のことを考えていたのにいつのまにかテレビ見てる

◻︎やる気?なにそれ。やる気スイッチすら錆びついて動かない

 

この項目に3つ以上心当たりのある人は

湿邪に体を脅かされています。

 

 

なので早めの対策をお勧めします。

方法としては

 

下の方に溜まってしまった湿邪を

外から温めて軽くした上で

体の外へ排泄させ

新しいきれいな水を体の中に入れ循環させる

 

ようにするといいと思います。

 

 

具体的には

・お風呂で半身浴をする

・夏が旬の野菜を加熱して食べる

・香味野菜を食べる

・飲み物は冷たくしないで常温か温めたものを飲む

などがあります。

 

体の中の水分の

排泄と補給のバランスを

整えていくことで

むくみにくい、悪いものはすっきり出せる

体になります。

できることからコツコツと工夫できたらいいですね。

 

 

もちろんアキュレの漢方アロマでもむくみにくい体づくりをサポートできます!

 

お気軽にご相談くださいね。

 

それでは皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちおります!

カテゴリー

アーカイブ

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031